QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
SUICIDAL MANIACS
SUICIDAL MANIACS
HECHO EN JAPON

  
Posted by at

2011年02月14日

長崎龍馬ゆかりの地巡り

ネタも写真も沢山あると逆に更新するのが億劫になるね。

未だに龍馬伝の興奮冷めやらず高知桂浜は日帰りは不可能なんで
長崎に行く事にした。
近県ではあるけどまともに観光した事はないとよ。
タイトル通りの観光をしてきますと友人に伝えると
「定年後の老夫婦」といういいコメントもらいました。

長崎道から長崎出島有料道路に乗り継ぐ際に料金所のオジサンが
「マンタンやろ?出て右ね」って言ってきて「なんで料金所のおじさんがガソリン残量気に
するとかいな」ってその時は思ったけど取り敢えず「ハイ」と答えスルーしたが
答えは後で分かった。


大浦天主堂下の長崎堂本店。




jesusと大浦天主堂。館内の写真はNG







グラバー園内



フリーメイソン



ガラスのパーテーション



日本最古のアスファルト



ハイライトのグラバー邸



犬の頭のステッキ。この絵ドシブ



天井の隠し部屋入り口。入り口に鏡が設置してある。ここに幕末の志士をかくまったとも。。。



俺様



お土産物屋にあった「カステラ柄のネクタイ」居酒屋で頭に巻いたら最強




昼飯はmontanaオススメの眼鏡橋近状の「きっちんせいじ」のトルコライス。サイコな店造り。
オリジナルのマヨネーズってのが置いてあったが見た目も味も「ふきや」




ここでやっと料金所のオジサンの「マンタン」の意味が分かった。
正しくは「ランタン」でした。着くまで「ランタンフェスティバル」気がついてなかった




その後は俺が最高に楽しみにしてた「亀山社中」へ。
恐ろしく長い階段を登りながら長崎に来た事を実感しつつやっと辿り着くと入館まで「30分待ち」。
しかし中は10畳ほどの部屋が2部屋のみ。これはヤラレタ。ほとんど観るものなし。




老体に鞭打ち更に登り「龍馬像」へ
うーーーーん。桂浜のはこれの倍の大きさはあるなあ。。。




龍馬像から駐車場までの最短ルートは強烈な下り勾配の石段。
周囲はずっと見渡す限り斜面に「墓石」
コケが生え経年劣化で崩れかけた墓石は「安政4年」とかかいてあった。1857年やけど大丈夫か?
首が折れて倒れたお地蔵様も多数。







長崎観光は見所が狭いエリアに凝縮されてて楽やね。

長崎の重鎮古着屋「SAL」でPENDLETON買った。良いPENDLETONは全て買う。

TNX montana

  
Posted by SUICIDAL MANIACS at 20:27Comments(1)